ステンレス加工

多品種少量生産で単品対応

多品種少量生産で単品対応
大量生産ではなく、多品種少量生産を得意とし、特に一から工程づくりが必要とされる多工程の単品ものこそ、わが社の技術力を発揮できると自負し、どんな仕事も受けられる自信があります。

多品種少量、単品対応に合わせて、設備環境についても多品種少量で整えています。
量産のニーズの場合、協力工場とのネットワークを利用し対応可能です。

ひとり一人がオンリーワンエンジニアの精神で

わが社では、社員ひとり一人がエンジニアです。マニュアル(指示)通り働くだけのワーカーではなく、自分から段取り、工程を考えながらモノづくりを行っています。

工場内では、設備を駆使して、切粉を出している時間よりも、むしろ、段取りや後工程を考えている時間の方が長いほどです。

真空装置用のステンレス加工を主力に、電子顕微鏡用の部品加工にも力を入れています。いずれも高度な技術が要求される特殊な分野で、それを支えるのがひとり一人、責任とプライドを持つエンジニア達です。

一からの工程づくりを“考えて”お客様のご要望を的確に読み取り、高精度・高品質の製品を生み出していくこと、それが、お客様の信頼にお応えするわが社の原動力になっています。

社員全員が技術者という社風は、昭和38年の創業以来変わらない精神です。